【ニジゲンノモリ】にいってきた!チケットが高い?アクセスは?レビューします!

【アフィリエイト広告を利用しています】

2か月くらい前の話になりますが、人生で2度目の淡路島に降り立ちました。
目的はひとつ。ニジゲンノモリの「ドラゴンクエストアイランド」で魔王討伐の旅に出ることです!

チケットが高いと噂に聞いていたニジゲンノモリ。
確かに安いとは言えませんでしたが、ドラゴンクエストの世界に飛び込んだかのような体験ができ、とても楽しめました。

今回は、【ドラゴンクエストアイランド】のレビューやアクセス、お得にチケットを買う方法などをお伝えしていきます。

ニジゲンノモリとは

淡路島北部、本州から明石海峡大橋を渡ってすぐのところにある兵庫県立淡路島公園内にある、アニメ×テクノロジー×自然をテーマとした新感覚テーマパークです。

漫画NARUTOクレヨンしんちゃんゴジラなどをテーマにしたエリアが広い公園内に点在しており、それぞれのテーマに合わせて謎解きやアスレチックなどが体験できます。

とにかく広いので、すべて回ろうと思うと1日では回り切れないかもしれません。
実際私はドラクエエリアのみ行きましたが、3時間ほど熱中して遊びました。

ドラゴンクエストアイランド

ここは日本で唯一の「ドラゴンクエスト」のテーマパークです。
オノコガルドという町があり、魔物が出る森があり、魔王のいる魔王城があり…リアルに表れたドラクエの世界を自分自身が勇者となって冒険するアトラクションです。

ドラゴンクエストアイランド入り口のスライムちゃん

地図を片手にエリア内を歩き回って、リアルドラクエを体験できるのでドラクエ好きにはとってもおすすめですが、アトラクションとしてかなり完成度が高いので小さなお子さんやドラクエをあまり知らない人でもかなり楽しめるんじゃないでしょうか?

個人的には、事前情報のないまま行って現地で感動を味わってもらいたいのでここから先はチケットや注意事項なんかを書いていこうと思います。

行き方

ニジゲンノモリはかなり広いので、駐車場もたくさんあります。
ドラクエアイランドは、F駐車場が最も近い駐車場となっています。

大阪方面から明石海峡大橋を渡ってきた場合は、淡路スマートインターで高速道路を降りてそのまま山のほうに上っていくとF駐車場の看板があるので案内に沿って行きましょう。

車を止めたら園内へ行きましょう。坂道を下っていくと、左手にオノコガルド王国の入口があります。

ちなみに、そのまま王国に入らず道なりにさらに下っていくと「ルイーダの酒場」と併設のグッズショップがあります。
「ルイーダの酒場」はレストランになっていて、ドラクエモチーフの食事ができたり、ドラクエアイランド限定のグッズが購入できます!
時間帯によっては、アトラクションの前に食事をしたり買い物をしてもいいかもしれません。

チケット

ニジゲンノモリ自体は県立公園の中にあり、入園料はかかりません
ただ、ドラクエやナルト、クレヨンしんちゃんなどのエリアごとにチケットがあり、各アトラクションを体験するにはそれぞれチケットを買う必要があります。

ドラクエアイランドには基本のメインクエストとおまけのサブクエストがあります。
サブクエストのみを購入することはできないので、メインクエストに追加でサブクエストを購入するかどうか決める必要があります。
さらに豪華特典が付くプレミアムチケットもあり、当日現地で購入することもできますが事前に検討して買っておくことをお勧めします!

割引チケットを購入するには

じゃらん
じゃらん遊び・体験から購入すると、割引クーポンがあるので300円ほど安く購入できます。
さらにポイ活サイトのモッピー経由で購入すると、購入金額の2%がポイントバックされますよ!
ただし、じゃらんではメインクエストのチケットしか購入できません。
サブクエストもやりたい方は現地で追加購入してください。

累計会員数1,000万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

アソビュー
アソビューでは、会員登録で5%オフになります。
こちらではサブクエストのチケットも一緒に購入できるのでサブクエストも購入することを決めている場合はアソビューでの購入をお勧めします。
下記の画像をクリックしていただくと『アソビュー』のホームページに飛びますので、よければどうぞ!

どちらもプレミアムチケットの販売はないようなので、プレミアムチケット希望の方は公式サイトから購入してください。

★ニジゲンノモリ公式ホームページ★

事前にネットで購入しておくと、当日混んでいる際もスムーズに入場できるのと、事前購入特典でクリアファイルももらえます。

ネタバレなしのおすすめポイント解説

ニジゲンノモリのチケットは入場時間指定があります。
できれば朝イチのチケットを買って指定時間より少し前に行きましょう。
誰もいないオノコガルド王国の入口でゆっくり写真が撮れると思います。
受付は2組ずつで、入場したら1組1端末を使って冒険の書を作成します。そこでも一番乗りでスムーズに中に入れると、入場後にも他人の映り込みのない写真を撮れますよ。

また、人が多い時間帯だとどうしてもほかのグループの会話や行動からネタバレしてしまう恐れがあります。
私はその日1番の組でクリアしたので待ち時間も全くなくスムーズに進みましたが、混雑する日はクエストを進めるのにかなりの行列になることもあるようでした。
実際に、私が行った日は使用されていませんでしたが神殿や魔王城の前には『ここから60分待ち』などの看板が置いてありました。

そしてこれだけは、ぜひ事前情報として頭に入れていってほしいこと!!

それは…ストーリーをクリアすると記念写真を撮ってくれること。
盾や剣が用意されていて、それを持った写真をキャストの方が撮影してくれます。さらに、キービジュアルとその場で合成してくれるのですが、なかなかの出来栄えで…!

ただ、クエスト結果が記録された「冒険のあかし」と写真セットで2,500円、写真単品だと1枚1,500円でといいお値段がします。
写真を撮ることも知らず、暑い中冒険して髪もメイクもぐちゃぐちゃの状態で撮影した私たち。
それでもかなりいい写真だと思ったのですが、この後お土産や食事でお金を使う予定だったので結局購入しませんでした。

押し売りはされませんが、これから行く方はぜひラストダンジョンの前にメイク直しをすることをお勧めします!!
※手持ちのカメラやスマホで撮影してもらえるかは、疲れ切っていて聞けませんでした。
もしご存じの方がいたらコメントいただけると嬉しいです!

ルイーダの酒場

ここはドラクエアイランドエリアのレストランとお土産屋さんです。
世界観はドラクエですが、こちらは有料エリア外なのでチケットなしでも楽しめます
ドラクエはやったことがなくても、スライムを見たことがある方は多いのではないでしょうか?
ここはスライムモチーフの食事がたくさんあり、淡路島名産のたまねぎとスライムの夢のコラボも楽しめます!

玉ねぎやっぱりおいしかった!1,980円
ふつうにおいしいカレーでした。1,780円

さらに併設のショップでは様々なドラクエ土産が購入できます!
それなりにお値段はしますが、ドラクエアイランド限定の「ホロミット」グッズなどもたくさんありました!
ドラクエアイランドに入らなくても、ルイーダの酒場に行くだけでドラクエの世界を十分味わえるのではないでしょうか♪

注意点

基本的には屋外で歩き回るクエストなので、歩きやすくて身軽な恰好で行くことをお勧めします。
再入場もできないので水分も必ず持っていきましょう。
自販機もエリア内にはありませんし、屋外を結構歩き回ります。
休日はおそらくたくさんの人が参加して、屋外での待ち時間も増えると思います。
天気のいい日は写真映えもバッチリですが、体調管理をしっかりしながら楽しんでください!